--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
10.04

ポケモンにおける起点作り

どうもSeraです( ・s・) 彡
今回は雑記という事で私の考える起点作りについて書いていきます(´∀`)
あくまで個人的な見解なので参考・・・になればいいなw

起点作りと一括りで言われますが作り方にも様々な種類があります。
今回は大きく2つ取り上げていきたいと思います。

1つめは催眠技、吠える等を使い相手バックを見て起点を作っていくタイプです
代表例として挙げられるのがカバルドンです。

450-a.gif

欠伸、ステロ、吠えるなどを使い相手のバック見つつ襷、頑丈の可能性を無くし
起点を作っていくポケモンです。
ステロを撒かれて欠伸が決まれば欠伸ループにも入ってしまい
ペースを握りやすく戦況的にも優位に立てます
カバを使った代表的な例がカバドリですねw
450-a.gif530-a.gif

多くの方もご存知だと思いますが
砂状態のドリュウズがカバのステロ欠伸で起点を作った後降臨し
全抜き状態で剣舞地震や岩雪崩を使用するという感じです。
ドリュウズが意地っ張り珠の場合
剣舞1積みでほぼすべてのポケモンを確定1に出来ます。

またフシギバナも起点を作れるポケモンです

003.gif

この部類に当てはまるといえば微妙なラインですが
眠り粉+吠えるの催吠えバナと呼ばれる型も
非常に起点を作りやすいポケモンです
場から離れるとリセットされまた1ターン目からの扱いなので
眠り粉→吠えるで相手のポケモン1体をほぼ完全に縛ることができます

多くの方が体験していると思いますが
起点作りが難しいと感じる方でも比較的わかりやすい事例だと思います。

2つめは壁を張ることにより対面性能を上げ起点を作る系統です
壁起点パとも呼ばれるpt構築ですが
代表例でいうとラティオスです。

381.gif

Sが早く耐久力もあるポケモンで
タイプ的に両壁(光の壁とリフレクター)を張ることが出来ます。
また置き土産を使用することも出来るので壁+土産を使用し
相手のポケモンをバックに戻させ、そこから起点を作っていく感じです。
この壁起点を使って降臨するのが
ローブシン・パルシェン・カイリューといったポケモンです
534-a.gif091-a.gif149-a.gif
ptによって様々だと思いますが基本的にどれか1匹は必ずと言っていいほど入っています。

また他のではアグノム・メタグロス等がいます
482.gif376-a.gif
この2匹とラティオスとの決定的な違いはステロが撒けることと大爆発が使えることです。
起点を作ることにおいてステロが撒けることは大きなメリットとなります
また自主退場技が大爆発であることも強みです。
ただしアグノムはラティオスに比べ耐久力が無く
メタグロスはラティオスやアグノムほど早くありません。
それでも成功確率は高く非常に戦いやすくなります。

他にも多くの起点の種類はありますが
説明を入れての起点作りの例はこの2つとさせていただきます
簡単に紹介しますと
電磁波と特性を利用したバンガブ
248-a.gif445f.gif
2匹のポケモンを使い回避起点を作るラティライド
381.gif426-a.gif
などがあります。

例を挙げてからの私の感想ですが
やはり起点作りはそのポケモンだけでなくptの組みわせで
成功確率は大きく変わってくると思います。
いかに起点を作っていき勝てるかどうかは起点を作るメインのポケモンだけでなく
見せ合い(6→3)の時の他のメンバーが重要であると思います。
今はどちらかというとタイマン性能が高いポケモンが強いと思いますが
起点を作る戦い方も決して弱くは無いと思います。

今回はこんな感じで終わらせていただきます
記事の最初でもお伝えした通り、あくまで私の個人的な意見です
私自身まだ起点作りは上手いとは言えないので
この内容も間違っているかもしれませんw
またここで紹介した以外にも起点の方法などがありましたら
コメントいただけるとありがたいです。

ヾ( ・∀・)ノではでは~ヽ(・∀・ )ノ
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://serapoke.blog.fc2.com/tb.php/43-bf513962
トラックバック
どうもSeraです( ・s・) 彡今回は雑記という事で私の考える起点作りについて書いていきます(´∀`)あくま
まとめ【ポケモンにおける起点】 dot まっとめBLOG速報dot 2012.11.26 23:54
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。